OSI参照モデル

データ通信を段階に分け、それぞれの手順を明確にしたもの。

OSI参照モデル

  • 第7層
    アプリケーション層:メールアプリなど
  • 第6層
    プレゼンテーション層:文字化け等しないようにデータ形式を決める
  • 第5層
    セッション層:データやり取りの順序を管理する
  • 第4層
    トランスポート層:再送など、エラーの少ない信頼性の高い伝送を行う
  • 第3層
    ネットワーク層:伝送ルートと宛先の決定
  • 第2層
    データリンク層:隣接機器へのデータ伝送を制御
  • 第1層
    物理的な部分の伝送

TCP/IPモデル

OSI参照モデル(7層)を4層にまとめたもの。

  • レイヤー4
    アプリケーション層:アプリケーション+プレゼンテーション+セッション
    プロトコル:HTTP,FTP,SMTP
  • レイヤー3
    トランスポート層:トランスポート
    プロトコル:TCP,UDP
  • レイヤー2
    インターネット層:ネットワーク層
    プロトコル:IP,ARP
  • レイヤー1
    インターフェイス層:データリンク+物理
    プロトコル:イーサネット、フレームリレー、PPP

レイヤー2とレイヤー3のIP,TCPが中核である。したがって、TCP/IPプロトコルと呼ばれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました