ROMとは

読み出し専用のメモリ。

ROMの種類

●マスクROM
メモリ設計時にデータが書き込みされる。ユーザー側では変更不可。
●PROM
ユーザーによる書き込みと消去が可能なもの。 
   ●ヒューズROM
    一度だけ書き込みが可能。
    ●EPROM
     何度でも書き込み、消去可能。
      ●UVEPROM
       紫外線で書き込み、消去可能。
      ●EEPROM
       電気的に書き込み、消去可能。
      ●フラッシュメモリ
       電気的に書き込み、消去可能。EEPROM の進化系

フラッシュメモリの特徴(長所・短所)

データ書き換え時に、EEPROMはバイト単位で書き換えるが、フラッシュメモリは数十キロバイトをブロック単位としてまとめて扱う。
●長所
 データの消去に必要な装置をブロックごとに共有できるため、単位容量当たりの
 回路面積を減らすことができる。
●短所
 フラッシュメモリのデータを書きかけるときには対象のデータのみならず、
 対象データを含むブロック単位での消去が必要になる。

 

EEPROM・フラッシュメモリの用途

●EEPROM
 RAMの延長で、不揮発性のメリットを生かして保持したい少量データの記憶用で、
 頻繁に書き換える用途に使用。
●フラッシュメモリ
 ROMとして、頻繁に書き換えが不要のものに使用。

フラッシュメモリの種類

●NAND型
 高速書き込みが可能。大容量化が容易。
 SSDやUSBメモリに使用。
●NOR型
 読み取りが高速かつ、信頼性が高い。
 ファームウェアに使用。

参考サイト

https://www.sophia-it.com/content/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA

https://ja-support.renesas.com/knowledgeBase/17793493

https://hiramekun.hatenablog.com/entry/2018/04/17/104058#EPROM

コメント

タイトルとURLをコピーしました