バリスタ

バリスタとは

規定の電圧が加わると抵抗値が極端に低くなる。
バリスタ電圧(1mA流れるときの両端の電圧)はバリスタがONした時と同義。

バリスタ用語

  • バリスタ電圧
    直流1mAの電流を流した時のバリスタ端子間の電圧値。
  • 最大許容回路電圧
    バリスタに連続して印加できる回路電圧の上限値。
  • サージ耐量電流
    8/20μsの標準波形衝撃電流を、5分間隔で2回バリスタに流したときの、バリスタ電圧の変化率が±10%以内の最大電流値。
  • 制限電圧
    規定された8/20μsの標準波形衝撃電流を流したときの、バリスタ端子間電圧の波高値。
  • 漏れ電流
    バリスタ電圧以下の電圧におけるバリスタに流れる電流の上限値。
    最大許容回路電圧を印加したときの電流値。
    →バリスタがOFFを保つ最大電流のことを最大漏れ電流と表現する。

設計の考え方

  1. 対象の保護回路に加わる電源電圧ではバリスタがOFFのまま(電源電圧Vpp以上のバリスタ電圧が必要)
  2. バリスタの最大許容回路電圧(常時印加可能電圧)が、常時印加される電圧以上になるように選定する。
  3. 保護対象の回路の対電圧とバリスタは並列に接続されているため、保護対象回路の対電圧以上の電圧がバリスタに印加されるのはNG。
    →バリスタの印加電圧はサージ電流と、電圧電流曲線のより算出する

1.電源電圧以上のバリスタ電圧の選定

Vrms×√2の電源電圧以上のバリスタ電圧をもつものを選定する

2.最大許容回路電圧

電源電圧Vrms以上の最大許容回路電圧が必要。常時負荷にかかる電圧であるため実効値のVrmsで選定する。直流・交流それぞれで規定される。

3.バリスタの抑制電圧の範囲の確認

バリスタに流れるサージ電流Ip=サージ電圧/サージインピーダンス(2Ω)

保護対象回路の耐電圧Vpに対して、Ipに対するバリスタ制限電圧がVp以下になるものをグラフより選定する

バリスタ選定に関連する試験

IEC61000-4-5 サージイミュニティ試験

試験波形

参考資料

https://www.koaglobal.com/product/library/varistor

https://www.koaglobal.com/product/caution/varistor

https://www.ohizumi-mfg.jp/products/tech03.html

https://www.kikusui.co.jp/catalog/pdf/files/2000/iec61000-4-5.pdf

file:///C:/Users/Owner/Downloads/se_p001-072_sage_j.pdf

https://engineer-climb.com/%e9%9b%b7%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%80%90iec61000-4-5%e3%80%91%e3%81%ae%e6%a6%82%e8%a6%81%e7%b4%b9%e4%bb%8b/

コメント

  1. エンジャー より:

    EMC村の民のエンジャーと申します。
    コメント頂き、あリがとうございました。
    コメントの返信として、ばやしん様のページリンクを貼らせて頂きました。
    お互い有益な情報提供できるように頑張っていきましょう。

    • bayashin より:

      はじめまして。ばやしんと申します。
      ページリンクの貼り付け誠にありがとうございます。
      エンジャー様のHPをいつも拝見しております。
      今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました